キャンプ場 子供と川遊び おすすめ神奈川 厳選3か所をご紹介!!

キャンプ① お出かけ

日常の生活を忘れ、家族や仲間と自然の中で過ごす
キャンプはとても楽しいものですね。

関東 神奈川にも多くのキャンプ場があります。

ここでは川遊びができて子どもが遊べるおすすめの
キャンプ場をご紹介します。

スポンサーリンク

緑の休暇村 青根キャンプ場

青根キャンプ場は神奈川県相模原市を流れる道志川沿いにある
キャンプ場です。

キャンプ、バーベキュー、川遊び、釣りなどを
楽しむことができます。

道志川を囲むようにオートキャンプ場や、コテージ
エアコンつきのバンガロー、テニスコートなどの
さまざまな施設がありいろいろな楽しみ方ができます。

また、芋煮会、マス釣り大会、道志川合唱祭などの
多彩なイベントが開催されています。

道志ダムの真下に位置しているため放流されたときは
水かさが増えるので充分注意しましょう。

とても危険で川遊びは全くできません。

近くにはいやしの湯という温泉施設がありますので
帰り際にゆっくりくつろぐのもおすすめですよ。

・アクセス
中央道 さがみ湖ICから約30分

・駐車場(普通車)
デイキャンプ 520円、宿泊 1,100円

・営業時間
デイキャンプ 8:00~17:00
宿泊チェックイン 13:00 チェックアウト11:00

・料金
3歳以上小学生以下
デイキャンプ 330円、宿泊 540円

中学生以上
デイキャンプ 430円、1泊 760円
バンガロー 6,700円~

最新の情報ではない可能性もありますので
必ず事前にご確認ください。

スポンサーリンク

河内川ふれあいビレッジ

河内川ふれあいビレッジは河内川のほとりにありたくさんの
自然に囲まれたキャンプ場です。

バーべキューエリアでは目の前で川遊びもできます。

場内の浅い小川は環境がよく、カエルやカニもいて
小さい子どもでも安心して遊べます。

また、河内川の本川の方では泳ぐことができるので
水着や浮輪を用意しましょう。

施設内はさまざまな植物が彩り豊かで
秋の葉が真っ赤に染まる紅葉シーズンは
特におすすめです。

近くにはスーパーやコンビニがないので事前に
買い出しは必要です。

車で15分ぐらいのところには温泉がありますよ。

・アクセス
東名高速道路 大井松田ICから約14km

・駐車場(普通車)
1,000円

・営業時間
デイキャンプ 9:00~16:00
宿泊チェックイン13:00 チェックアウト11:00

・料金
3歳以上小学生以下
デイキャンプ 250円

中学生以上
デイキャンプ 500円

オートキャンプ 75サイト芝1区画4,000円 フリー1区画3,000円

最新の情報ではない可能性もありますので
必ず事前にご確認ください。

スポンサーリンク

青野原野呂ロッジキャンプ場(旧 青野原キャンプ場)

野呂ロッジキャンプ場は目の前に道志川が流れ、
むき出しになった600万年前の地層を観ることができます。

テレビやCM撮影スポットとしても有名です。

また、歩いて約30分のところに神奈川名滝16選の大滝や
吊り橋、小滝もあり散策するのも楽しいです。

川遊びには最適なキャンプ場で浅いところではじゃぶじゃぶ遊びや
魚すくい、深いところでは潜水したり、ボート遊びを楽しめます。

飛び込み岩も2か所あります。

買い物には便利でコンビニまで車で3分、スパーまで7分ほどです。

小さな子どもから大人まで丸一日楽しめるキャンプ場です。

・アクセス
圏央道相模原ICから約15分
中央道相模湖ICから約25分

・駐車場(普通車)
500円

・営業時間
デイキャンプ 平日9:00~17:00 土日・祝日8:00〜17:00
宿泊チェックイン 12:00 チェックアウト翌日12:00

・料金
3歳以上小学生以下
デイキャンプ 200円

中学生以上
デイキャンプ 500円

基本金額=4名・1台まで4000円
バンガロー 9,600円~

最新の情報ではない可能性もありますので
必ず事前にご確認ください。

スポンサーリンク

まとめ

今回は子どもから大人まで楽しめるキャンプ場をご紹介しました。

キャンプは家族や気の合った友人と自然の中で楽しく過ごすことで
心や身体をリフレッシュできます。

また、日中楽しく遊ぶだけでなく夜暗くなってから満天の星空を
眺めるのもキャンプの醍醐味のひとつですね。

コテージやバンガローを利用する場合は予約が必要です。

設備や料金などの詳細は予め調べてからお出かけしましょう。